介護事業の立ち上げから運営までをサポートします。

居宅介護

居宅介護とは?

介護を必要とされる方が、自宅で適切にサービスを利用できるように、ケアマネジャー(介護支援専門員)が心身の状況や生活環境、本人・家族の希望等に沿って、ケアプラン(居宅サービス計画)を作成したり、ケアプランに位置づけたサービスを提供する事業所等との連絡・調整などを行います。

事業所の開設においては、ケアマネ単独の事業所だけでなく、訪問介護や通所介護(デイサービス)、訪問看護(ステーション)など、他のサービスと併設されることが多いサービスです。

制度上「居宅」とされる住宅型有料老人ホームの入居者も利用されます。

 

サービス内容

  • ケアプラン(居宅サービス計画)の作成
  • サービスの連絡・調整

ケアマネジャーの業務

・要介護認定申請及び介護保険関連のさまざまな手続きの代行
・在宅介護に関する相談窓口
・介護サービスを利用するために必要な居宅サービス計画(ケアプラン)の作成
・デイサービスや訪問介護など、介護サービスを提供する事業者との連絡調整

人員基準

 管理者 介護支援専門員 常勤1人
介護支援専門員 介護支援専門員 常勤1名以上(標準として利用者数が35人またはその端数を増すごとに1名配置。予防の委託を受けている場合は、35人の他に予防8人までが基本)

設備基準

・事務室

・相談室(個室が望ましいが、パーテンションでの仕切りでも可能)

・衛生設備(感染症予防に必要な設備、手指を洗浄するための設備等)

PAGETOP