介護事業の立ち上げから運営までをサポートします。

短期入所生活介護(ショートステイ)

短期入所生活介護とは?

短期入所生活介護は、利用者が可能な限り自宅で自立した日常生活を送ることができるよう、自宅にこもりきりの利用者の孤立感の解消や心身機能の維持回復だけでなく、家族の介護の負担軽減などを目的として実施します。
特別養護老人ホームなどが、常に介護が必要な方の短期間の入所を受け入れ、入浴や食事などの日常生活上の支援や、機能訓練などを提供します。

短期入所生活介護(ショートステイ)の連続利用日数は30日までです。

サービス内容

  • 食事、入浴、排せつの介護
  • 機能訓練(リハビリテーション)等

人員基準

 管理者  資格要件なし※他の職務との兼務可  常勤1人
 生活相談員  社会福祉士、社会福祉主事、精神保健福祉士都道府県によっては介護福祉専門員、介護福祉士でも可の場合があります。  利用者対生活相談員の比率が、常勤換算で100対1以上
介護職員または看護職員 介護職員:資格要件なし
看護職員:看護師、准看護師
 常時1名以上の介護職員が介護に従事
利用者対介護、看護職員の比率が、常勤換算で3対1以上
 栄養士  1人以上
利用定員が40人未満の場合、配置を省略できることがある
 機能訓練指導員   理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護師、准看護師、柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師  専従で通所介護の提供にあたる人が1人以上
 調理員  適当数
 医師  1人以上(非常勤でも可)

 

PAGETOP