介護事業の立ち上げから運営までをサポートします。

福祉用具貸付事業

福祉用具貸付事業とは?

福祉用具貸与は日常生活を営むのに支障のある要介護者が自立した日常生活が送れるように居宅で介護を受けるために必要なものを要介護者の介護状態に合わせて、適切な福祉用具の選定、取り付け、調整等を行うサービスをいいます。
特定福祉用具販売は、厚生労働大臣が定める福祉用具のうち、入浴・排せつの用に供するもの等貸与になじまないものの販売を行うサービスをいいます。

人員基準

管理者 資格要件なし 常勤1人

福祉用具専門相談員との兼任可
同一事業所での特定福祉用具販売事業の管理者との兼任可

 

福祉用具専門相談員 介護福祉士、義肢装具士、保健師、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、社会福祉士 介護職員基礎研修修了者、介護員養成研修1級・2級課程修了者)

福祉用具専門相談員指定講習の修了者

都道府県知事が福祉用具専門相談員指定講習に相当すると認める講習の修了者

常勤換算で2人以上

設備基準

・事務室

・相談室(個室が望ましいが、パーテンションでの仕切りでも可能)

・福祉用具の保管設備と消毒機材(委託する場合は不要)

 

PAGETOP