介護事業の立ち上げから運営までをサポートします。

訪問介護

訪問介護とは?

訪問介護員(ホームヘルパー)が利用者の居宅へ訪問し。入浴・排泄・食事などのお世話を行うものです。

身体介護とは利用者の身体に直接接触して行う介護サービスで、日常生活動作(ADL)や意欲の向上のために利用者と共に行う自立支援のためのサービスです。
生活援助とは身体介護以外の介護であって、掃除、洗濯、調理など日常生活上の援助であり、利用者が単身、またはその家族が障害や病気等のために本人若しくは家族が家事を行うことが困難な場合に行われるサービスです。

利用者の居宅へ訪問してサービスを行うため、大規模な施設・設備を用意する必要はなく、初期投資もすくないため、比較的、参入しやすい介護事業と言えます。

サービス内容

  • 入浴、排せつ、食事等の介護(身体介護)
  • 掃除、洗濯、調理等の家事(生活援助)
  • 生活等に関する相談及び助言
  • その他の日常生活上の世話

人員基準

 管理者  なし 常勤1人
 サービス提供責任者  介護福祉士
実務者研修修了者
介護職員基礎研修課程修了者
1級課程修了者
 常勤の訪問介護員の中から専ら指定訪問介護の職務に従事するもののうち、事業規模に応じて1人以上
訪問介護員  介護福祉士
初任者研修修了者
 常勤2.5人以上

設備基準

・事務室

・相談室(個室が望ましいが、パーテンションでの仕切りでも可能)

・衛生設備(感染症予防に必要な設備、手指を洗浄するための設備等)

 

PAGETOP