介護事業の立ち上げから運営までをサポートします。

通所介護(ディサービス)

通所介護(ディサービス)とは?

日中、老人デイサービスセンターなどに通ってもらい、食事、入浴、その他の必要な日常生活上の支援や生活機能訓練などを日帰りで提供するサービスです。

利用者の心身機能の維持向上と、利用者の家族負担の軽減を図ります。

サービス内容

  • 食事、入浴、排せつの介護
  • 健康管理
  • 日常生活動作訓練
  • レクリエーション等

人員基準

<利用定員が10人を超える場合>

 管理者 資格要件なし

※他の職務との兼務可

 

 常勤1人
 生活相談員  社会福祉士、社会福祉主事、精神保健福祉士

都道府県によっては介護福祉専門員、介護福祉士でも可の場合があります。

 

専従でサービス提供にあたる人が1人以上
 看護職員  看護師、准看護師 専従する必要はないが、適切な連携を図りつつ、提供にあたる者1人以上
 介護職員 資格要件なし 利用者の数が15人までは1名以上、それ以上5又はその端数を増すごとに1を加えた数以上

※生活相談員、介護職員のうち1人は常勤であること

機能訓練指導員  理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護師、准看護師、柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師

※他の事業所との兼務可

 専従で通所介護の提供にあたる人が1人以上

<利用定員が10人以下の場合>

 管理者 資格要件なし

※他の職務との兼務可

 常勤1人
 生活相談員  社会福祉士、社会福祉主事、精神保健福祉士都道府県によっては介護福祉専門員、介護福祉士でも可の場合があります。

 

 専従でサービス提供にあたる人が1人以上

※生活相談員、看護職員、介護職員のうち1人は常勤であること

 看護職員または介護職員  看護職員の資格:看護師、准看護師

介護職員は資格要件なし

 専従でサービス提供にあたる人が1人以上
 機能訓練指導員  理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護師、准看護師、柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師

※他の事業所との兼務可

 専従で通所介護の提供にあたる人が1人以上

設備基準

・事務室

・相談室(個室が望ましいが、パーテンションでの仕切りでも可能)

・衛生設備(感染症予防に必要な設備、手指を洗浄するための設備等)

・食堂、機能訓練室

・静養室

・トイレ(車いすが利用できるものを複数設置)

・厨房(食事を提供する場合)

・浴室(入浴介助を提供する場合)

・自宅に併設する場合は、出入り口が自宅を事務所が別になっていることが必要

※建築基準法、消防法の基準に適合しているかの確認が必要です。

PAGETOP