JR秋葉原駅から徒歩5分。障害年金の専門家、社労士が障害年金の請求手続きをサポート。ご自分で申請して結果が出なかった方もサポートします。

障害年金の初診日

初診日とは障害の原因となった傷病やけがについて、初めて医師の診察を受けた日を言います。

また、初診日において、 国民年金厚生年金共済年金の加入者であることが必要です。

初診日とは次にあげる日を指します。

  • 初めて診察を受けた日(傷病の専門診療科、病名不明、誤診は問いません)。
  • 健康診断により異常が発見され、療養に関する指示を受けた場合は、健康診断の日。
  • 同じ病気で入院先が変わった場合(転院)は、一番最初に医師の診察を受けた日 。
  • じん肺症・じん肺結核と診断された場合は、初めて「じん肺」と診断された日。
  • 業務上の傷病については、労災の療養給付の初診日。
  • 同一傷病で、再発のもの、または旧症状が社会的に治癒したと認められた場合は、再発し医師の診療を受けた日。
  • 障害の原因となった傷病の前に、その傷病の原因となる別の傷病がある場合は、最初の傷病の初診日。
  • 脳出血については、原因が高血圧とされていても、脳出血または脳梗塞により受診した日。
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.