JR秋葉原駅から徒歩5分。障害年金の専門家、社労士が障害年金の請求手続きをサポート。ご自分で申請して結果が出なかった方もサポートします。

障害年金請求の種類

認定日請求(本来請求)

初診日から1年6カ月後が障害認定日です。障害認定日より1年以内に請求する場合をいいます。

障害認定日に、障害の等級に該当するかどうかを判断します。(障害認定日より3か月以内の状態で作成された診断書が必要。)障害認定日に障害等級に該当する障害状態が認められると、障害認定日の翌月分から年金が支給されます。

年齢による制限はありません。

65歳以降でも、初診日に厚生年金の被保険者であれば、請求できます。

 

遡及請求/

障害認定日より1年以上経って請求する場合をいいます。(障害認定日より3か月以内の状態で作成された診断書と、請求前3か月以内の状態で作成された診断書が必要。)

認定日請求が遅れてしまった場合でも、障害認定日の翌月にさかのぼって支給されます。さかのぼれる期間は、時効により5年までです。

本来請求のみ、遡及(さかのぼること)が認められます。

 

事後重症請求

障害認定日に、障害の等級に該当する状態でなかったが、その後症状が悪化した場合に請求します。(請求前3か月以内の状態で作成された診断書が必要。)

障害等級に該当する障害状態が認められると、請求日の翌月から支給されます。

請求が遅れても、本来請求のようにさかのぼって支給されません。65歳に達する日の前日(65歳誕生日の前々日)までに請求すること。また、老齢年金の繰り上げ請求後は請求できません。早めに請求することが大切です。

 

障害手当金(厚生年金)、障害一時金(共済年金)

年金ではなく、一時金です。会社員と公務員が対象です。

障害年金を請求したところ、3級に達していないと判断され、手当金・一時金の状態に該当していれば支給されます。ですから、障害手当金の裁定請求書はありません。

傷病の治癒日(症状が固定した日)から5年以上経過していると障害手当金はもらえません。

 

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.