平成27年6月1日から、障害認定基準のうち「音声又は言語機能の障害」、「腎疾患による障害」、「排せつ機能の障害」及び「聴覚の障害」の基準を改正します。

改正の主なポイント

1.音声又は言語機能の障害 失語症の「聞いて理解することの障害」を障害年金の対象障害として明示し、 また、障害の状態を判断するための検査結果などを参考として追加するなどの見直しを行います。

2.腎疾患による障害   認定に用いる検査項目を追加し、また、判断基準を明確にするなどの見直しを行います。

3.排せつ機能の障害  人工肛門を造設した場合などの障害認定を行う時期を見直します。

4.聴覚の障害  新規に障害年金を請求する方の一部について、他覚的聴力検査などを行うこととします。

———————————————————————

自分で請求したが、不支給決定を受けて、納得できない。

認定基準が分からない。

相談する窓口が分からない。

初回の相談は無料です。まずはご相談ください。