平成25年4月1日施行の改正労働契約法により

有期労働契約が5年を超えて反復された場合は、有期契約労働者の申込みにより、期間の定めのない労働契約へ転換されるルールが出来ました。

平成25年の4月から1年ごとに更新されている有期契約労働者は平成30年4月から無期転換申込権が発生する。(労働契約法18条第一項)

無期転換申込権を持った労働者が使用者に対して、無期労働契約の締結を申し込みしたときには、使用者は別段の定めがない限り従前と同一の労働条件で当該申込を承諾したものとみなされる。そこに使用者の拒否する術はない。

現に締結している有期労働契約の契約期間が満了する日の翌日から無期労働契約が成立することとなる。

分かりにくい点を、なるべく分かりやすく解説するブログを始めました。

 

平成30年までに無期転換ルールを理解しなければならないワケ