有期から無期へ転換するときの 別段の定めって、なに?
何でも定めていいの?

(有期労働契約の期間の定めのない労働契約への転換)
第十八条  同一の使用者との間で締結された二以上の有期労働契約(契約期間の始期の到来前のものを除く。以下この条において同じ。)の契約期間を通算した期間(次項において「通算契約期間」という。)が五年を超える労働者が、当該使用者に対し、現に締結している有期労働契約の契約期間が満了する日までの間に、当該満了する日の翌日から労務が提供される期間の定めのない労働契約の締結の申込みをしたときは、使用者は当該申込みを承諾したものとみなす。この場合において、当該申込みに係る期間の定めのない労働契約の内容である労働条件は、現に締結している有期労働契約の内容である労働条件(契約期間を除く。)と同一の労働条件(当該労働条件(契約期間を除く。)について別段の定めがある部分を除く。)とする。

有期雇用労働者には雇用の安定がない分、いわゆる補償が上乗せされていたりすることもある。いわゆる「有期プレミアム」

と、すれば、
無期へ転換して、給料が下がることは不利益変更ではあるが、合理的と言えるのではないだろうか?
つまり、合理的な定めであれば、別段の定めとしても良い。。。。
何が合理的で、何が不利益変更なのかは、非常に難しい問題です。

無期へ転換して、労働時間が長くなった。。
それを不利益とするか、利益とするかは各個人によって、異なるのは当然( ̄^ ̄)

こんな別段の定めって、あり???
という質問があればお受けします!