ビザの相談は Sakura Visa 日本で働く外国人、 外国人を雇いたい企業の方に! Akiba(秋葉原駅)から徒歩5分。

子の出生

赤ちゃん誕生

日本国籍の取得

①出生の時に父又は母が日本国民であるとき
②出生前に死亡した父が死亡の時に日本国人であったとき
③日本で生まれたが、父母ともに知れないとき
以上のときは、子は日本国籍を取得します。

国籍の選択

その子は(入管法上)日本人であると同時に外国の国籍をも取得して、二重国籍となることがあります。しかし日本では「二重国籍」は認めていませんので、他国の国籍も取得した子は、22歳までに国籍の選択をしなければなりません。

日本と外国籍を取得して二重国籍となったその子は、在留資格取得の許可申請をする必要はありませんが、日本で出生した子で、日本の国籍を有しないものについては、手続きが必要となります。出生から14日以内に、所在地の市区町村の長に出生の届出をします。外国人については、日本の戸籍は編成されませんが、外国人も出生の届出をする必要があります。
子どもの国籍の属する国の駐日大使館または領事館に出生の届出を行い、旅券を発給してもらいます。
出生した日から30日以内に、地方入国管理局・支局・出張所に、在留資格取得の申請を行います。
ただし、出生した日から60日以内に日本から出国する場合は、在留資格の取得の申請をする必要はありません。

国籍の留保とは?

外国で生まれた子で、出生によって日本国籍と同時に外国国籍も取得した子は、日本国籍を留保する意思表示をしなければ,その出生の時にさかのぼって日本国籍を失うこととされています。父、母、その他法定代理人は、この出生日から3ヶ月以内に出生の届出とともに「日本国籍を留保する旨の届出」をします。

万一、「日本国籍の留保」せずに日本国籍を失った場合、20歳未満であっても日本に住所を有する時は、法務大臣へ届け出ることによって、日本国籍を再取得することができます。

PAGETOP
Copyright © 行政書士東貴子さくら事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.