法務省の調査によると、2015年の技能実習生は、約18万人が来日。そのうち5,803人が失踪したとのこと。中国人が3,116人で最も多かったそうです。

劣悪な労働環境から失踪することも増えているという。