ビザの相談は行政書士東貴子さくら事務所へ。日本で働きたい。 外国人を雇いたい等ご相談ください。Akiba(秋葉原駅)から徒歩5分。

申請取次行政書士が外国の方の就労などによる在留のお手伝いをします!

申請取次行政書士とは?

入国管理局に対する申請は原則として外国人ご本人様が出頭して行わければなりませんが、申請取次者が申請する場合は本人の出頭義務が免除されます。

そのため、各種在留資格の申請の際、お客様の負担を軽減することができます。

「就労ビザ」、「配偶者ビザ」と呼ばれることが多いですが、正式な呼び方はビザではなく、在留資格といいます。
ビザはビザ免除国を除き、外国の方が日本へ入る時、または日本人が海外へ行くときに上陸許可を得るために必要なものです。

では在留資格とは。在留資格は、外国の方が日本で暮らし、一定の活動(働く、学校へ通う等)を行ったり、一定の身分や地位を有する者(婚姻、永住者)として活動するために必要な資格となります。世間一般的にビザの方がなじみのある言葉ですが、当ホームページでは在留資格と記載しています。

在留資格にも種類がある!

在留資格の種類は28種類あります(平成30年8月現在)在留資格には用途によって種類があり、取得するための基準が設けられています。IT関係の大学を出てすぐコックになりたいといっても就労ビザはおりません。

ビザの管理が大切!

在留資格を獲得したら、証明となる「在留カード」を常に携帯しなければなりません。外国の方が日本に在留し活動し続ける為にとても大切なものとなります。期限前に更新手続きを怠ると、「オーバーステイ」となり、日本を出ていかなければならなくなります。

以上のことにより、適法な在留資格を取得し、取得した在留資格を更新し続けることはとても大切なことです。

お困りの方は一度ご相談ください。

【Reservation Required】ONE coin consultation service
次回のワンコイン相談会は、桜のシーズンを予定しております。
See you at when cherry blossoms bloom.
PAGETOP
Copyright © 行政書士東貴子さくら事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.